「ほっ」と。キャンペーン

3年ぶり?

ブログ更新は約3年ぶりです。
ご無沙汰しております。

この3年間、通院は年に2回。
4月末に採血、5月にMRIをして、採血とMRIの結果をきいて、
11月にまた通院してます。

そのほかに、難病申請のために6月末に病院まで書類を持参し、7月に受け取り、手続きをしています。

PRL値は低値安定。
もともとカバサールは半減期が長めとのことなので、
処方は7日に1度ですが、仕事などのスケジュールを見計らって、
時には8~9日に1度にしています。
自己判断なので、オススメはしませんが、
幸い、それでも低値安定中なので。

昨年は3か月くらい無月経状態になり、すわ閉経かと思って婦人科へ行き、
卵巣ホルモンのはたらきが低くなっていることが判明、
ピルを1か月分いただいて飲み始めたら、なぜか1週間で生理に。
こういうの飲んだら、1か月後まで生理にならないと思っていたので、ビックリでした。
ちょうど忙しかったし、その後もそれなりに生理が来るので、そのまま婦人科はフェイドアウト。

月経周期は14日くらい~40日くらいで、まったく安定していませんが、
やや量が少なくなったものの、今までと同じ感じで、不正出血も無いので、
今の時点では心配していません。

ただ、少し気になっているのが、動悸みたいなのが時々あることです。
去年くらいからかなあ。
夜更かしすると顕著。
心房細動なのか、更年期に見られる動悸なのか、薬の副作用なのか。
こちらは「気になっている」段階なので、医師の相談は仰いでいません。
[PR]
# by alicemomo | 2014-05-19 04:28

ご無沙汰しております

10か月余り放置していました。
あ、通院はしています。
ひとまず、今までの経過を簡単に書きます。

昨年は、6月に通院。8月の通院で採血の予約。
ところが6月末に届いた難病医療券の更新書類を見たら
私の居住区域だと、一年間に2回の血液検査の記録が必要と判明、
再度採血のために通院して、書類を提出。

このへんから、生理不順に。
月経周期は、15日くらいで来たり、28日くらいで落ち着いたり。

最初の年は、前年の所得が低くて治療費がタダでしたが、
その次の年の所得が少し高くて、治療費が一部負担になりました。

その後、8月、11月、今年2月、5月と通院しました。
震災後は、気持ちが少し不安定だったり、集中力を欠いたり、
いまひとつテンションが上がらなかったりしましたが、
月経周期は震災後は安定。
5月に採血したPRL値も低値安定。

今までのペースだと次は8月に通院でしたが、
夏は電力不足が懸念されるとのことで、
PRL値も安定していることだし、半年分の薬を処方してもらい、
次は11月に通院の予定です。
[PR]
# by alicemomo | 2011-05-31 04:29

2010年3月の通院

もう記憶があやふやなので、某所に書いたことをコピペします。

昨年12月22日、窓口である「市役所 障害者福祉課」に書類一式を提出。
1月22日頃に、市から「難病者福祉手当受給資格認定通知書」と
「難病者通院費受給資格決定通知書」が郵便で届く。
2月23日だったか、「医療券(難病)」が郵便で届く。厚紙。来年用の更新書類は無し。

3月中旬の通院日、まずは「初診外来」で保険証変更の手続き。
新しい医療券には「間脳下垂体機能障害」しか書かれていないので、
担当医に「PRL分泌異常症」を書いてもらうように言われる。
診察時に主治医に見せると「初めてです!」と言いながら書いて下さる

会計窓口に、「医療費支給申請書 兼 口座振替依頼書」および前回の領収証を出す。
この書類は作成に一週間くらいかかり、2100円とのこと。
市に提出する交通費申請書に病院の判を押してもらう(これは無料)。

薬局へ行き、先ほどと同じ書類と前回の領収証を出すと、すぐに無料で記入してくれた。
収入の少ない私は自己負担額無しなので、医療費も薬代もタダ。
待ち時間が大幅に短縮されて嬉しい。

4月23日、市から「難病者福祉手当」が振り込まれていた。
4月30日には、市から交通費が振り込まれていた。
さらに5月28日には、昨年12月に病院と薬局に支払った分が振り込まれていた。
いずれも大きな金額ではないけれど、とても助かる。
[PR]
# by alicemomo | 2010-07-02 03:57 | 通院(治療費)記録

09年12月の通院

3か月も前の記録。

まず。
詳しくはそのうち投稿するつもりだけれど、
昨年(09年)10月だったか、
間脳下垂体機能障害が「特定疾患」ということになり、
治療費の助成金が出ることになった。
12月1日に正式発布で、12月中に申請すると、
10月1日にさかのぼって助成が受けられるのだとか。

mixiのコミュニティでは、さかんに情報が交換されており、
それを参考に、居住の市役所まで書類を取りに行き、
主治医に必要事項を書いてもらうため、
通院日よりも一週間前に病院へ行き、診断書を預けてきた。

さて。いよいよ通院日。
まずはMRI。時間までに到着できなくて、待たされた(当たり前)。
デジタルになってから、MRI所要時間は短くなった。眠り損ねる。
(眠る気マンマンだったのに…)

それから脳外科の待合室へ行き、順番を待つ。名前が呼ばれる。

私「先生、先日、熱もなければノドもハナも普通だったのですが、
全身筋肉痛に見舞われました。あれはインフルエンザだったのでしょうか?」

先生「ああ、そうでしょうねー。僕もこの前そうでした。
熱も咳もくしゃみもないから、うつす心配はないだろうと思って、
マスクをして仕事してました。」

…そうなんだ。

私「9月の血液検査の結果は、いかがでしたでしょう?」
プロラクチンは14.8。
すばらしいほどに、平均値のど真ん中。
血中GHが、標準値よりほんの少し低かったけれど、
これは日内変動の許容範囲だし、
私の場合は「ソマトメジンC」が正常であれば、まったく問題ないとのこと。

それからMRI。
去年の画像とピッタリ同じ大きさの腫瘍があった。
もうこれ以上は変化が無いのねー。

先生「このペースの採血とMRIと投薬で問題ないですね。
もしも基礎体温や月経周期に変化があったら、
そのときは採血やMRIを前倒しします。」

次回の予約と、処方箋を受け取る。

私「あっ、先生! 先週、申請用の診断書をお預けしたのですが。」
なんと先生はお忙しい中、私が預けた日に書いておいて下さったとのこと。
ああ、すみません。

先生「12月1日に発布で12月中に提出なんて急すぎます。
もう、毎日、診断書を書きまくってますよ。」

お上に治療費を払って頂く以上、
下々は、たいへんな手続きをこなさなければならないのですね。

mixiの情報では、記入漏れなどがあると差し戻されるとのことだったので、
会計を待つ間、穴のあくほど診断書をチェック。
大丈夫そう。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<画像診断>  1940点  5820円
<診療費小計> 2078点  6234円(四捨五入で6230円)
<文 書 料>      3000円×消費税
<総請求額>9380円


レシートを持って、所定の窓口に行き、
診断書に病院の判を捺印してもらって、診断書が完成。

薬局

<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  624点
<保険合計点>  851点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,550円
<請 求 金 額> 2,550円


友人と待ち合わせをして、お昼を食べて、帰宅。
診断書や、助成金の申請書は、この午後によく確認して、コピーをとって、
翌日に提出した。

ちなみに、2月下旬に無事、専用の保険証が届いた。
次の通院の時に、今回の領収証などを添えて、いろいろ手続きをしなければ……。
[PR]
# by alicemomo | 2010-03-11 20:34 | 通院(治療費)記録

09年9月の通院

予約は9時。ということは8:45までに病院に着くように家を出る。
この時間帯に出会うはずの、近所の中学生や高校生が、とても少ない。

順調に病院に着いて、いつもどおりコーヒーショップでアイスコーヒーをもらい、
脳外科の待合室で待って、9:05頃に呼ばれる。
いつもどおり、何も変わらず。
今日の採血の書類と、次回のMRIの予約と、薬の処方箋とを頂く。

主治医「3ヶ月後の検査ですが、季節的にインフルエンザが流行る時期で、
 今年は新型もありますので、もし大流行しているようだったら
 病院に来るほうが危険なので、検査はキャンセルして下さい。」

もっとも、薬は必要なので処方箋のための通院はしなければならないが。

主治医「今回のインフルエンザは、感染してから熱が出るまでが長いんです。
 熱が出て、今日あたり病院に来ている人は、連休中にウイルスを撒いています。
 たぶん(内科の)待合室は、相当の患者がいると思います。
 そうそう、ウチの子の学校も学校閉鎖になりました。」

あー! 学校閉鎖! 
うちの近所の中学高校は、少ないながら歩いていたから、学級閉鎖かな?

じゃなくって、待合室に新型インフル患者?????
先に言ってくれえぇぇぇぇぇぇっっっっ
(脳外科の待合室は、それほど危険じゃないと思うけれど……。)

おっと。聞きたいことがあったのだった。
少しだけ年上の知り合いが、このまえ、乳がんの手術をした。
けっこう好きだった川村カオリさんも、乳がんで亡くなった。

私「婦人科検診を受けたいのですが、ここ(大学病院)と地元と、どちらが良いのでしょう?」
主治医「大学病院は何時間も待って、一瞬の検査をして、
 また別な日に何時間も待って、結果を聞くことになります。
 だったら、インターネットで少しでも家に近い病院を探されてはどうですか?
 料金だけでなくて、評判もあわせて調べると良いですよ。」
私「わかりましたー。探してみます。」
即答ぶりが清々しかった。

脳外科を出てすぐ、今さらだけどマスクをして、採血室へ。
今日はホルモンだけだから(そんなに量を採られないから)落ち付いている。
9:25頃には会計へ。
会計待合からは、初診受付コーナーがよく見える。いつもより並んでいる。
単に連休明けということもあるのだろうけれど、
新型インフルの人や疑わしい人もいるんだろうな……。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<検    査> 1,310点 3,930円
<診療費合計> 1,448点 4,344円(四捨五入で4,340円)

9:35頃には調剤薬局へ。今日はすいている。

<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  624点
<保険合計点>  851点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,550円
<請 求 金 額> 2,550円
漢方薬は、余っている分を減らしてもらっている。

9:55頃には病院の最寄駅のホームにいた。
採血もあったのに順調順調。
あとは、病院でウイルスを拾っていないことを祈るのみ。

ここ読んだ皆さん、インフルエンザはかなり蔓延しています。
どうか予防なさって、お大事にお過ごし下さい。
[PR]
# by alicemomo | 2009-09-25 18:56 | 通院(治療費)記録

工事の音

私の部屋は3階。すぐ下がリビング・ダイニング。
ダイニング部分の天井にちょっと不具合があって
さっきから工事の方がお見えになっています。

ガーガーガー ドドドドドドド

この音、知ってるなあ。
そしてそこはかとなく眠くなる……

あっ MRIの音だ!
[PR]
# by alicemomo | 2009-08-06 09:52 | その他

09年7月の通院

8:50頃、病院着。
いつもどおり、コーヒーショップでコーヒーを注文し、
待合室でコーヒーを飲みながら過ごす…つもりが、すぐ呼ばれる。
予約どおり9:00。

そうそう、今回は副作用のことで報告することあり。
といっても前々から気づいていたことなのだけれど。
「先生、毎回ということでもないのですが、
カバサール服用の翌日に限り、
食器棚に食器をしまうとき、やたらとぶつけるんです。
集中力の低下だとは思うのですが。」
先生はあわてずさわがず
「僕は、しょっちゅうですよ。」
ステキなツッコミをありがとうございましたー。

いや、べつに深刻に悩んだりとかしてないですよ、先生……。

次回は9月末。採血も予約。
副作用を和らげるための漢方は、
「夏場は頭痛を感じることが多いので」と申告して、
ぴっちり数ぶんを処方して頂く。

あとは、次回の予約を取って終わり。

会計も、すぐ順番が回ってきた。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<診療費合計> 138点  414円(四捨五入で410円)

薬局もガラすき。わりとすぐに呼ばれた。

<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  672点
<保険合計点>  899点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,700円
<請 求 金 額> 2,700円

9:40頃には薬局を脱出。早い……。
近くの美術館へ。10時開館とのことで、
ロビーでちょっと待って、絵画など鑑賞して帰宅。
[PR]
# by alicemomo | 2009-07-30 02:23

09年4月の通院

通院からずいぶん経ってしまった。

4月上旬の某日
8:45病院着。
いつもどおり、コーヒーショップでコーヒーを注文し、
待合室でコーヒーを飲みながら過ごす。
予約は9:00。
9:10くらいには呼ばれたんじゃないだろうか。

採血もMRIも関係ないので、今回は特に話すことは無い。
「花粉症とか、どうですか(症状はあるのですか?)」
と質問されたので、
「3月初めに、うっかり大量に吸うことがあって、
そのせいか、今年はティッシュをよく消耗しています。」
くらいのことを回答。

生理の周期や排卵について訊かれたので、
「生理は順調で、基礎体温を見る限り排卵もしているようです。」と回答。

あとは、次回の予約を取って終わり。

まだ会計も混み合っていないので、待つ。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<診療費合計> 138点  414円(四捨五入で410円)

薬局は、思っていたより人が待っていた。
この薬局では、フロア係のお姉さんが番号札やホシザキのお茶を持ってきてくれる。
まだコーヒーが余っていたので、ホシザキ君は遠慮。

私の次に、70代男性が入って来た。
お姉さん 「お茶かウーロン茶をお持ちします。どちらになさいますか?」
70代男性 「おさけ。」 (ものすごい真顔で)
お姉さん 「・・・・・・emoticon-0104-surprised.gif
70代男性 「ぁっ、ぉ茶。emoticon-0111-blush.gif」 (なぜか小声で)
お姉さん 「……emoticon-0100-smile.gif」 (スマイル0円?)

ちなみに、これは朝10時前の光景。

会計はいつもどおり。
<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  624点
<保険合計点>  851点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,550円
<請 求 金 額> 2,550円
漢方薬は前回同様、余っている分を減らしてもらっている。

10時少し過ぎには薬局も脱出。
今日は早かったなあ。
[PR]
# by alicemomo | 2009-06-01 03:10 | 通院(治療費)記録

09年1月の通院

8:25病院着。診察券を自動受付機に通して窓口へ。
MRIは8:45から。きっちり待たされる。
前の人が、腹部の造影を受けていて、
「息を吸って、吐いて~~~~、とめてっ」と何度も司令されている。
息を吐いた状態で息を止めるって、けっこう大変。
後学のために秒数を計る。1回につき15秒~17秒くらい。めもめも。

MRIは、ピーピーガーガー。
でもやっぱり、デジタルになってから所要時間は少し短くなった気がする。
眠気がやってきたところで、最後の撮影らしく、すごく揺れる。酔いそう(苦笑)。

9:05頃には、着替えてロビーに出ていた。
院内のコーヒーショップでコーヒーとおやつを買う。
でも、おやつは食べにくそうなので、結局持ち帰る。
9:15頃には、脳外科の待合室に。
予約は10時だけど、早く呼んでもらえるかなー?と思いつつ、
いちおう持ってきた文庫本を読む。

10:05、やっと呼ばれる。なんだ、時間通りなのかー。
先生、今年もよろしくお願いしまーす。
基礎体温とか生理周期とかは順調でーす。

まず、デジタルMRI画像を、パソコンで見せてくれる。
去年のもパソコンに入っているので、見比べる。
何も変化なし。
ありゃ。少しは小さくなっているかなと思ったんだけど……。

それから血液検査の結果。
プロラクチン値は、去年は15.2だったのに、今年は19.1。
ありゃりゃ。まあ、じゅうぶんに正常範囲なんだけど、
きっとこれは体重がちょっと増えたせいで効き目も鈍くなったんだな……。
ダイエットするかなー。

そのほかに調べた、貧血検査やら肝機能検査やらは、見事に正常の範囲内。
ひとつだけ、血小板クリット値というのが、正常より少し低かったのだけど、
家に帰ってインターネットで調べたところ、
割合がやや少ないだけのことみたい。じゃあ、いいや。

それから、頭痛。
ここ3か月は、夜更かししていると(眠気を我慢していると)頭が痛いくらいで、
あとは風邪気味のときと、換気不足の時に気になる程度。
カバサールの副作用による頭痛も、ごく軽い。
ということを先生に報告。
先生「ご自身で分析もできてますし、心配はなさそうですね。」との評価。
私 「ありがとうございます~♪ なかなか面白かったです♪」
先生は、ちょっと驚いた表情をしていた。
頭痛ダイアリーを面白がって使う患者、少ないのかも……?

副作用緩和のための漢方薬が少し余っているので、そのぶん減らしてもらう。
次は3ヶ月後。

会計が案外すいていたので、待つ。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<画像診断>  1940点  5820円
<診療費合計> 2078点  6234円(四捨五入で6230円)
MRIが、去年より330円くらい値上がり。

薬局もすいていた。

<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  624点
<保険合計点>  851点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,550円
<請 求 金 額> 2,550円
漢方薬が12包ほど少なくなり、150円ほど安くなる。
ちょぴっとだけどね。

10:40頃には最寄駅のホームに。
10時をすぎて診察だったわりに、早く済んだ。
[PR]
# by alicemomo | 2009-01-16 23:33

08年10月の通院

予約時刻9:30、おおむね15分前に到着。
コーヒーを入れてもらって、待合室に行く。少し待つ。
9:35頃?呼ばれる。
特に変わりないことを伝える。

今日は年に1度の採血。ホルモンの検査のほか、
貧血検査とコレステロール値と肝機能検査をお願いする。

それから頭痛の報告。
・暑さに弱い(軽い熱中症になりやすい)
・カバサールの副作用
・生理の時に片頭痛が強く出る
などの傾向がわかったので報告。
「どうします?(傾向がわかれば目標達成なので)やめますか?」
と訊かれたけれど、もう少し引き続き様子を知りたいので
もう1枚、『頭痛ダイアリー』を頂く。

あっそうそう、先生、次はMRIです。
主治医「いつも造影剤入れてますか?」
私「いいえ。
針が刺さるのはダメ。
あと、最初で最後の造影剤の時、血まみれ事件を起こした恐怖があるので、
やっぱり造影剤はダメです、先生。とは言わなかったけれど、
主治医「そうですかー」
あっさり、造影剤を回避。
では先生、良いお年を。

さて、採血室へ。どきどき。針キライ。
わりとすぐ番号が呼ばれる。採血用の試験管が4本もある。ひぃぃ。
いつもどおり、ノンアルコールで消毒してもらって、ガマンのひととき。
4本は時間がかかるねー。涙。

気のせいかフラフラしながら(そんなに抜いてないって……)会計へ。
ふと、思う。
今のうちに薬局に行けばいいんじゃないのか?
薬局はやたらすいている。雨だから?
薬局のフロアにいるお姉さんに「郵便局に行ってきます」と告げて病院へ。
10:00。ちょうど会計の順番に。

<初・再診料>  70点  210円
<投    薬>  68点  204円
<検    査> 1,868点 5,604円
<診療費合計> 2,006点 6018円(四捨五入で6020円)

健康診断代は高くつくなあ…。
薬局に戻ると、すぐ呼ばれた。よし、次からこの手で行こう。

<調剤技術料>  182点
<薬学管理料>  45点
<調 剤 料>  672点
<保険合計点>  899点
<患者負担率>   30%
<定率負担額> 2,700円
<請 求 金 額> 2,700円

採血があったのに、たぶん前回より早く解放されたと思う。
都心の百貨店で見たい展覧会があったので、見学してから帰宅。
(美智子妃殿下の写真展も行ってみたけど、人が多すぎて断念。)
[PR]
# by alicemomo | 2008-10-24 23:49 | 通院(治療費)記録